妊活に欠かせない葉酸!気になるポイントをチェック

妊活に欠かせない葉酸
葉酸は妊娠を望んでいる方なら、積極的に摂取したい栄養素です。葉酸には、細胞の分裂や増殖をサポートする効果があるため、妊娠しやすい身体にしていくために役立ちます。

葉酸の摂取は貧血対策にもなります。女性だけでなく、男性にとっても積極的に取っておくことが勧められている成分です。妊娠を望んでいるご夫婦が、一緒に飲んでおくといいですね。

葉酸は成人の場合、1日に0.24mgの摂取が目安となります。ただ、妊娠にあたっては、さらに多くの量を飲むことが必要です。いつからいつまで、どのくらいの量を飲めばいいのか、とても気になりますよね。

妊活中から妊娠超初期には0.64mg、妊娠初期から出産までの期間には0.48mg、授乳中は0.34mgが目安の量になります。

葉酸は妊活中から摂取して、妊娠しやすい身体づくりを目指すための栄養素です。妊娠がわかってからようやく葉酸を摂取しだすパターンでは、やや遅いといえます。

また、授乳中にも摂取することで、母乳の質をあげ、赤ちゃんに栄養を与えることができますよ。産後の体調回復にも役立ちます。

葉酸を多く含んでいる食品にはレバーやホウレンソウ、春菊などがあります。ただ、葉酸を摂取したいなら、サプリメントが飲みやすいですよ。仕事などで忙しい人にとっても、簡単に摂取できる方法です。

妊活のために多くの葉酸サプリが市販で販売されています。食事だけでは必要量を摂取できないので、サプリを活用しましょう。ご夫婦セットで購入できることもあります。

サプリに副作用はないのだろうか、と心配する人もいるでしょう。葉酸は水溶性ビタミンの一種なので、副作用の心配はありません。ただ、取りすぎには気をつけたいですね。

摂取の上限は1日あたり1mgです。多くとりすぎると、葉酸過敏症といって、発熱などが起こることがあります。適切な量を摂取してこそ効果を期待できるので、サプリの飲みすぎには注意してください。

葉酸を上手に取って、待望の赤ちゃんの出産につなげましょう。

おすすめ葉酸サプリ比較→【葉酸サプリおすすめランキング】安心妊活にBESTなサプリ11社比較